上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

そろそろ半袖がすがすがしい昨今、皆さんお元気ですか?

『復活』をさけびながらなかなか更新できなくてすみません。恐らくこの忙しさもこの学期が終わるまでは続くと思いますが堪忍してください。

最近勧められてみた映画があります。『the Passion of Jesus Christ』がその一つ。

これは個人的な意見ですが僕は聖書で読んだ方が感銘が大きいかなとおもいました。僕はテレビより小説という『古くさい』タイプなのですが、そのせいかどうも本で読んだ後映像でみても、それが本と同じ中味だった場合あまり『大感激』はしないんです。本だと色々想像できる分、なおさらリアルな気がするんです。映画で何カ所か痛々しい場面があった時は『やめてくれ~!』とおもいましたけど(笑)

もう一つみたのがリンク先のnikkouさんオススメの『ホテルルワンダ』。僕は好きな映画が基本的にヒユーマンドラマとか歴史実話系なんです。だから『ビューティフルマインド』とか「告白』、『ショーシャンクの空』や『シンドラーのリスト』なんてホロホロになってみてしまいます(見かけによらず涙もろいのでこういう映画を観る時はそっとひとりで観る事が多いです)。そして『ホテルルワンダ』もそのような雰囲気バリバリなので例によって例のごとくホロホロになったわけですが、それでもこの映画実に考えさせられる事が多い。

頭にまとまっていない事が多い+いいたい事のほとんどはnikkouさんが彼女のブログでよくまとめているので、僕は多くのコメントを避けますが、一つだけクリスチャン的なコメントを。確か映画の前半でみんな金目のものはとられてしまうんです。それでも映画の後半でみんなが脱走する時に大人も子供も十字架のペンダントを握りしめてる。つまり何故かそれだけは離さなかったんですよね。たかだか故人の象徴じゃないか、とおもうかもしれませんがその故人、つまり主が、彼らにはいつも必要えおいうことを自覚していたんだろうとおもっています。そして彼らにいい事があったとき彼らの言葉から自然にでる『Thanks God』という言葉、なかなか見習わなければ行けないところが多いと思います。

あと主人公のパウロとルワンダのひとびとをみていてフランシスコの祈りを思い出しました。僕はカトリックではないのですがとても好きな祈りなのでここに載せておきますね。

『ああ主よわれをしておんみの平和の道具とならしめたまえ
われをして憎しみあるところに愛をもたらしめたまえ
争いあるところにゆるしを
分裂あるところに一致を
疑いあるところに信仰を
誤りあるところに真理を
絶望あるところに希望を
悲しみあるところによろこびを
闇あるところに光をもたらしめたまえ

ああ主よわれをして慰めらるるを求めずして慰むることを求めしめ
理解さるることよりも理解することを
愛さるることよりも愛することを求めしめたまえ
そはわれらは自ら与うるがゆえに受けゆるすがゆえにゆるされ
おのが身をすてて死するがゆえに永遠の生命を得るものなればなり』

このいのりが聞こえる事、いずれ来る平和が皆の上に訪れる事を心より祈って。

Amen
スポンサーサイト

2006.05.03 | Days | トラックバック(1) | コメント(7) |

春の日差しが少しづつ強くなり、暖かい風が心地いい昨今、みなさんはお元気にしていますか?

水曜、木曜、金曜と続いたイベントもいよいよ明日でクライマックスですね。もしかしたら読者の皆さんの中には今年始めてイースターを経験した、という人もいるかもしれません。一般に『灰の水曜日』から始まり『復活祭』でクライマックスをむかえるこのイベントは(教派によって日数差はありますが)キリスト者にとってクリスマスと同等、もしくはそれ以上におおきなイベントです。イエスがイスラエルに入り、宮を清め、律法学者たちと論を交わし、マリヤの香油を受け入れ、最後の晩餐をし、園で祈り、最愛の弟子のひとりに裏切られ、最愛の弟子のひとりに拒まれ、張り付けにされ、ののしられ、殴られ、石を投げられ、いばらの冠をかぶせられ、それでも罪人を赦し、迫害する全ての人の赦しを求め、息を引き取り、そして復活した主の記念日です。

ちなみに今年のイースターは僕にとっても大切な日です。理由はここでは書きませんが、僕の中ではとても大切な日です。これに関してはいつか書ける日が来たら書きますが、僕にとっては記念日です。今は恋人もいないし、4/16は友人の誕生日ですが(和彦君、またオヤジになったね!!)、その他に個人的な日なんです。さぁて、何の日かな?(笑)

それでは皆さんに祝福が多い一日が来る事を心から祈って。

2006.04.16 | Days | トラックバック(0) | コメント(3) |

なんか最後の更新から相当期間が空いてしまいました、Tiです、こんにちわ。覚えていますか?(笑)

忙しかった、といえば言い訳になるのですが、実質少々行き詰まっていて、悩み事も多く少々『考える時間』をもうけてみました。最初は考えても休んでも進歩は無いかな?とおもったのですが、思いのほか祝福があり、いろいろな面で新しい前進を迎える事ができました。これもおそらく自力ではないと思うんだよなぁ、自分でできる事にはいつも限界があり、それを超える事は時に『不可能』になる。『こーーんなこったできるかい!』ってね。もう『できないもどかしさ』と『できない自分への失望』のなかで悶々としているときに主が背中をそっと突っついてくれる。そうすると思いがけない機会がまわってきたりする。・・・と、ちょっとしたTestimonyでした(笑)

今日はHosannaの日ですね、いろいろな礼拝でHosannaにまつわる歌を歌ったと思います。ちなみに念のために走り書きをするとHosannaとは『救いたまえ』の意味でダビデ等が祈りで用いました。イエスがエルサレムに入った死の6日前(金曜日の6日前なので日曜日です。今週の金曜日がGood Fridayなので今年のその日は今日に当たります)エルサレムの人びとは『ホサナ。祝福あれ。主の御名によって来られる方に。イスラエルの王に。』といって迎え入れます。その日に迎え入れた人びとがしゅろの木の枝をふっていたことからその日(今日)が『しゅろの日曜日』とよばれるようになりました。

僕が普段歌っているところでも今日聖歌隊はしゅろの枝を持ち子供たちと一緒に『Blessed is He who comes in the name of the Load♪』と歌いました。いままで紫だったマフラーも赤にかえ、爽やかな歌でこの日を迎える事ができたのが嬉しかったです。

今週はクリスチャンにとって忙しい日々になると思います。一年のうちで最も忙しい週かな?木曜日、金曜日、日曜日とイベントがかさなる教会も恐らく多いでしょう。クリスチャンの方は無理をしないように、そして興味のある方は是非教会の門を叩いてみてください。タダで食事ができるかもしれませんよ(シーッ)。

それでは皆さんに祝福に満ちた週がある事を心より祈って。

2006.04.10 | Biblical memo | トラックバック(0) | コメント(0) |

すっかり東海岸では気温が20度を超え始めた昨今、風はまだ寒いですが皆さんお元気にしていますか?

さて、しばらく何も書かなかったわけなのですが、まぁ一言でいうなら忙しかったんす。

怠けていただけだろというツッコミはナシの方針でお願いします・・・

まだ少しゴダゴダしてる昨今ですがまぁ2~3日以内には完全に再会したいなぁと思っています。もしよかったら応援してやってください(笑)

それでは皆さんに祝福のある日が訪れる事を祈って。

2006.03.18 | Days | トラックバック(0) | コメント(2) |

まだ風当たりは寒いですが、少しづつ春の『薫り』がする昨今、皆様お元気にしていますか?

今日は以前から書きたかった事、『聖書をどうやって勉強しよう』という中味について書いてみます。もう既に自分なりの方法を持っている人は変える必要はありません。賛否はあっても方法論に『絶対』はないとおもってます。

ただ『これから聖書を読んでみようかな?』という人が参考にしてくれると光栄です。

聖書って本当にいろんな勉強方法があります。ビギナー向けの書籍やクリスチャン雑誌を使う人もいれば、注解書などを参考にして読んでいく人もいるでしょう。年配のクリスチャンに教えを乞い、深い洞察と経験に基づいた指南を受ける人もいれば、若き研究意欲に燃える牧師から直接指導を受ける人もいるでしょう。日曜学校など集会で学ぶ人もいるかもしれません。それら全てが素晴らしい勉強法だと思うし、僕も上記の学習法のうちいくつかを実践しています。でも僕にここでもう3つ程勧めさせてください。

まずは『聖書読み下し』の読み方です。

『通読』に近いのですが『創世記から黙示録』ではなく結構いろいろなところをバラバラ読んでいく事です。僕自身の目標は『旧約2~3章、福音書1~2章、書簡(○○の手紙)1~2章』を毎日のペースでやっていますが必ずしも僕の形で読む必要は無いです。最初は1章読むのも一苦労だと思うしね。

このときオススメなのはちっちゃくてもいいから『聖書事典』を横におく事です。フェデリコ=バルバロ訳や一部の学習聖書のように『注解付き聖書』なら問題は無いと思いますが、そうじゃないと説明が無いとよくわからない事があります。そういう時に事典は非常に助けになります。是非お近くの図書館から借りたり、友人のクリスチャンから借りてみてください。

ちなみにこの読み方で初めて聖書を読む人は最初に創世記の1~11章とマルコの福音書をよむことをお勧めします。すこし全体像がわかるんじゃないかな?

次に『キーワード別聖書聖書内検索』です。

どういうことかというと、まず聖書の後ろの索引を開きます。そして調べたい語句を探してみましょう。(例、『赦し』等)そうするとそれに関する聖句が書いてある場所がでてきますね。あとはそれを一つづつ引いていくだけです。この読み方のいいところは聖書の『価値観』がわかるところです。一つの意見についてどのように書いてあるか、それを聖書内の様々な箇所から見ていく事で『あぁ、聖書はこの事についてこう考えているんだ』というのがわかります。あと読んでいる時に聖書に『問いかけている』という実感を持って読めるのも利点です。索引で物足りないと思う人は是非図書館等で『コンコルダンス』というのを借りてきてください。これは聖書の索引本で巻末索引より具体的に書いているので結構知識欲を満たしてくれます(笑)

そして最後に『聖書サーフィン』です。

これは実は引照がなければできないのですが、たまに一部の聖書は欄外に参考聖句が書いてある事があります。これを引照といいます。ようは聖書内の『リンク』です。だからそこを見ると関連聖句がバーーーっとでてくるんですよ。『聖書サーフィン』はお気に入りの聖句からこの『リンク』をたどって中をいろいろグルグルまわってみよう、というものです。この読み方のいいところはたまに思わぬ発見がある事です。『あ、この聖句これと関連があったのか~~!』とちょっとした発見が楽しめます(笑)

以上がぼくのオススメの読み方です。実はこれ、色々書いたけれど昔からおこなわれているベーシックな読み方です。でも初めて聖書読む時ってそのボリュームと『聖書!!』という先入観に圧倒されてなかなか手をつけられないんですよね。おそらくここをのぞいてくれる人の中にはそういう人もいるんじゃないかな?とおもいアップしてみました。

それではみなさんの一日が楽しいものとなるよう心から祈って。

2006.02.24 | Biblical memo | トラックバック(0) | コメント(4) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。