上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

みなさんこんにちわ、Tiです、元気にしていますか?

プロフィールの方にも書いていますが、自分はアメリカに留学しているんです。もう大学4年生、かれこれ4年間をここですごしたことになります。ここに来た頃は無宗教に近い仏教徒、まぁどこにでもいるフツウの若者でした。

一部の友人に忠告しておきますが、『え、どこにでも??フツウ???』等と言う、私のイメージを著しく下げる発言は控えるように!!

フツウですよ、フツウ(汗)。でね、話を戻すのですが、留学するとわかる事が一つあるんです。

『やっぱり場所がちがうと考え方が違うんだなぁ』ということ。

これって当たり前の様で実際体験しないと何ともわからない感覚なんです。例えばマックにいくと日本ではアルバイトの爽やかなお兄さん、お姉さんが『いらっしゃいませ!どれに致しますか?(笑顔)』で迎えてくれますよね。でもこれがアメリカだと仕事ダルそ~~なアニキ、アネゴが『What do you want?(何が欲しいのさ)』って聞いてきます。まかり間違ってBigMacなんて頼んだ日には出来上がるのに10~15分かかるのもザラです。

あ、誤解しないでくださいよ。差別や迫害をうけてるわけではありません!!!

こういうときに、『あぁ、仕事に対する考え方とか違うんだなぁ』とか思ったりします。

でね、今日それを実感する出来事があったんですよ。

大学のカフェテリアで夕飯を食べるときの事、オムレツとチキンがのった皿をもってドリンクバーへむかってあるいていたんですね。でね、今日ちょっと考え事しててブルー、というか落ち込んでたんです。漢字でいうなら

みたいな。

でねそんなに考え事してるもんだからつい手がすべってガッシャーーーーン!!!日本だとみんなその場で憐れみの目を差し向け『かわいそうだ、みなかったことにしよう』みたいな雰囲気がただようじゃないですか。ところがね、その場にいたアメリカンズがとった行動は

拍手喝采雨あられ!!!

しかも後ろからは『Yeah, Ti!!!!! Let's Go!!!』など盛り上がりに盛り上がった声が聞こえてきます。ついでだったので僕も

『Thank you!!! Thank you!!!!』といいながら深々とお礼し、何故かヒーローにさせてもらいました(笑)

でね、ここで多分この反応の違いって言うのはね思いやりのかけ方だとおもうんですよ。日本だとこういうのは『恥』かなという恥の概念が先行するので、それに触れないようにする思いやり。アメリカだとそのままにしておくと気まずいだろうから笑い飛ばしてやろうっていう思いやり。国がちがうと優しさの表現までちがうのかなぁ、ってね(笑)

個人的にアメリカ人は大好きです、結構真っ向勝負で話しかけてくるし、妙な策略的な行動はしないしね。それでいてRespectという考え方があるから無礼にあたるようなことはあまりしませんし、つきあいやすいですよ(笑)

でも、こういう違いって面白いですね。もしみなさんもそういう地域によっての違いとか、何か面白いのあったらコメントなりメールフォームなりで是非紹介してください。メールで来た面白い話は、本人確認を経て極力のせていきたいとおもってます。携帯の人、個人的にメールを送りたい人はscriptures66@aol.comにお願いします。

それでは、今日も皆さんが祝福のある日を過ごしているのを祈って。
スポンサーサイト

2005.09.28 | Days | トラックバック(0) | コメント(1) |

Tiです、こんばんわ。元気ですか?

今日少し面白い事があったので報告。

僕、インターンで今レコーディングスタジオで働いているんですよ。そこで今日担当した曲の名前が『詩編49』。

シブいっしょ!

いままで聞いた曲目の中で一番シブいなまえだとおもいましたよ(笑)でね、おもしろくてついつい聖書ひいちゃったんです。僕ね、どこに行くときも必ず聖書をもってあるいてるんですよ。でね、それ引いた後にミキサー(音響調整卓)の上においといたんですね。

で、仕事が終わって、帰りのドライブ中に

『アレ、聖書もってかえってきたっけ!!!』

もうアタフタアタフタ。で助手席にあったリックをモサモサしてるとみつかったんです。どうやら持って来てたみたいです。ホッ・・・としたときにおもったんですよ

『聖書ってこんなにライフサイクルの中に入っているのか~」ってね

一年前の自分だったら考えられませんよ、自分がこんなふうになっているなんて(笑)

少しは大人になれているかな?だったらいいなと思う昨今です(笑)

2005.09.26 | Days | トラックバック(0) | コメント(0) |

こんにちは、残暑冷めやまぬ昨今、皆さんはお元気にしていますか?

さてさて、今回考えてもらいたいトピックは『クリスチャンってどんな人?』ということです。まず恐らく想像できそうなものをあげてみますね。

1、教会の中で聖像にむかって祈る紳士。
2、十字架をいつも胸にしている淑女。
3、聖書にかんする雑誌を家に届けてくれるお兄さん、お姉さん。
4、『アナタハカミヲシンジマスデスカ?』と道できいてくる異国の人

など、一般にクリスチャンにはいろんなイメージがありますね。さてさて、それではここから少しクイズです。じゃあ、クリスチャンになる『素質』もしくは『条件』ってなんでしょう?いったい何をすれば(何を持てば)クリスチャンになれるのでしょうか?下の中から選んでみてください。

1、洗礼を受ける
2、信仰を第一に生きる
3、聖書の知識をたくさん得る
4、その他

さてしっかり考えてみてください。どれが重要なんでしょう?みた感じではどれも大切にみえますね。では一体どれがクリスチャンになるはじめの一歩なんでしょうか?

その答えとはね、



4です!

いま、コノヤロー!って思いました?(笑)ダマすつもりはなかったんですよ(笑)

それじゃ説明していきますね、クリスチャンになるのに一番必要なのは何か?実際に聖書を開いて答えを出してみましょう。コリント第1の13章13節をひらいてみてください。

『しかし今、信仰、希望、愛、これらの3つのものは残ります。しかし、このうち最大のものは愛です。』

信仰などに比べても『愛』がまず第一である事をのべていますね。じゃ他のところも読んでみましょう。同じコリント第1の8章3節を開いてください。

『しかし、人が神を愛しているなら、その人は神に知られているのです』

神に対する愛を持つ事が、神に知られる(認められる)ことって書いていますね。ここまで読んだ段階でわかっているとはおもうのですが、クリスチャンになるのに一番必要な、最初のステップとは『神様への愛』です。さてさて、これに対して神様からの使いであったイエスはなんといっているのでしょうか?彼のコメントとは??ヨハネによる福音書の16章27節を開いてください。

『父ご自身があなた方に愛情をもっておられるからです。それは、あなた方がわたしに愛情を持ち、私が父の代理者として来た事を信じているからです。』

神はキリストをいわば神の伝達役として地上に遣わせました。そしてキリストの言う事を信じる=神の言葉を信じるという事、そして彼を愛する事は、神を愛する事だったのです。だから前の聖句でも述べられたように、神は神を愛する人すべてを認め、受け入れ、愛するのですね。と、ここまで説明しても『だってここで話しかけられている人とかはみんな洗礼うけてるじゃん。つまり、洗礼を受けないとみとめられもしないんじゃないの?』と思う人もいるでしょう。それに関する解答も聖書はきちんと準備していますよ^^。本題からは少し脱線しますが、説明をいれておきますね。ルカによる福音書の23章39節から43節まで読んでみてください。

ここ、結構長いので(汗)かいつまんで書きますね。

イエスキリストは他の2名の罪人と一緒に処刑されました。そして3人が処刑台にあがった時、罪人のひとりがイエスにこういうんですよ。『お前自身と俺たちを助けてみろよ!』ってね。自分が神の子ならやってみろ!みたいな勢いだったんでしょう、それに対してもうひとりの罪人はこういうんです。『なにいってるんだよ、俺たちは今、俺たちのした悪行の報いをうけてるだけだ!それにお前は神を恐れないのか!』ってね。そしてその後にその罪人はイエスにこういうんです『イエス様、あなたが王国に入るときはどうか私の事を思い出してください』。

それにたいしてイエスはこういうんですよ、『あなたは私と一緒に天国にいます』ってね。彼は使徒でもなければ大群衆としてついて来た追従者でもない。ただの死刑に至るほどの悪行を犯した罪人です。しかし、彼の罪をイエスは許し天国に入る事を許すんです。つまりね、クリスチャンと言うのは、勿論洗礼だって大事な大事な神との契約を意味するのですが(後に記述します)、それ以上に神を認め愛する人の事なんですよ。教会に週に何回いくとか、十字架をいつもみにつけているとか、たくさん聖書の知識があるとかじゃないんですよ。神をどれだけ愛し、神に呼びかけるか?というところが重要なんですね。

じゃあ僕らは一体どう呼びかけるのがいいのかな?次回のBibical Memoのテ-マは『祈り』です。祈りって何かな?祈りってなんでするのかな?など色々考えておいてくださいね^^

長文読んでくれてありがとう。皆さんに聖霊の祝福と加護があることを心から祈ってます。

2005.09.25 | Biblical memo | トラックバック(0) | コメント(0) |

前回は少々くだけ気味に自己紹介をしてみた訳なのですが、今回はすこ~しマジメにサイトの方の紹介をしてみようと思ってます。

そもそもなんでこのサイトを作ろうとおもったかというと、うちの大学の後輩と話していてるうちに聖書の話題になった、そしてでてくるのが

誤解と誤認識の雨あられ!

かれはその誤解等によってキリスト教そのものに嫌悪と先入観を抱いていたみたいです。

じゃあ、ってことで彼の目の前で実際聖書を開いて、聖書にはそれに対してなんて書いてあるか?というのを紹介してみたんですね。そしたら彼いわく

『先輩、本出したりサイト作った方がいいよ。多分俺みたく誤解しているひと沢山いるよ!』といったわけです。なるほどそれはいい案かな?とおもってね。丁度自分自身も聖書を伝えたいとおもってたわけだし、いいかな?と思って始めた訳です。

でもここで一つ断っておきますが

このサイトでは聖書をめぐっての宗派争い等は一切行いません

このサイトの目的は聖書の感動をわかちあったり、それを少しでも、特にキリスト教以外の人の励ましや慰めにすることです。聖書を誤解した兄弟、姉妹たちが争う場所ではありません。もし論議が正しいと思う兄弟、姉妹はヤコブ3:13を読んでください。それでもわからないと言うなら、どうか他のサイトへ行ってください。

みんなで仲良く、楽しく参加できる場所になればいいなぁ、と思ってます(^^)。

じゃあこっから先は『いままで聖書ひらいたことない!』とか『タナの奥にあるけどほこりかぶってる』とか『かぁちゃんがナベ置きにつかってた』とかいう聖書入門者の皆様へ、カンタンに聖書の紹介をさせていただきます。

1、聖書ってなに?

キリスト教徒がそれをよんで励まされたり、元気になったり、良く生きようとおもえる本です。クリスチャンは聖書のことを『神様からの手紙』だとおもってよんでいます。そこには時には子供を叱る父親のように厳しい戒めの言葉もかいていますが、それ以上に慰めや優しさにみちたメッセージがたくさん載っています。このサイトではそういう優しい言葉達を紹介していきたいとおもってます。

2、新約って?旧約って?

旧約聖書というのはイエスがでてくるまでの紀元前聖書、ユダヤ教でもちいられていたものです。そして新約とはイエスがでてきた後のお話。でもね、この二つってとても近い関係にあって分けて考えられないんです。この二つは相互に支え合う関係にあるんです。イエスの言葉は多くが旧約の引用でもあるので、両方読んで納得できる事が結構あるんです。

3、『~~○○:XX』って?

聖書の記述をかくときに一般に『マタイ6:9』とか『詩編83:18』みたく書き記します。これは最初のマタイとか詩編というのは聖書中の書物のタイトルで、そのあとの6:9や83:18というのはその書物の中の章と節です。だからマタイ6:9ならマタイ6章9節、詩編83:18なら詩編83章18節となります。

他にもし質問がありましたら左下のメールフォームを使って遠慮なく聞いてくださいね。

そしてこっから先はクリスチャンの読者の皆様へ

基本的に間約聖書(第二聖典/旧約続編)は使いません、カトリックと東方正教会のひとゴメンネ。

もし筆者に間違い、誤解、意見がある場合はどんどん遠慮なくメールフォームを使って連絡ください。他にも『自分でこんな研究してみた!』とか『こんな解釈ってどう?』みたいなのがある人はどんどん教えてください、可能な限りのせていきますね。

でも教義的なことは極力避けてください。見解をのべるのはいいのですが僕らは他人/他派を裁くべきじゃないです(ルカ6:37)その行動で示すべきですし(イザヤ3:13)口論は聖書的ではないです(箴言12:18/箴言6:19)

お互いクリスチャンである、兄弟姉妹であるという自覚をもって、他の人への敬意をわすれず楽しくやろうね(^^)

ここを読む皆さんに聖霊の祝福と加護がある事を祈って。

2005.09.24 | Read It First | トラックバック(0) | コメント(0) |

ヨハネ1:1 『最初に言葉があった。言葉は神とともにあり、言葉は神だった』

聖書のなかでもおそらく一番良く知られている聖句、この『言葉』がいみするのは聖書でありその神性を証明した聖句。これを皮切りに書いていこうと思っています。

と、堅苦しく書き始めたのですが、どうも本調子じゃない。管理人は実はお笑い大好きな明るい20代なので、もしコメントなどをいただける時はタメ語でズケズケお願いします(笑)

ちなみに『Ti兄弟』とよんでいただけると喜びます(無理せずTiでもいいですが)



『Ti兄弟』と呼べば喜ぶかもよ!!!



と、すこし希望的観測をのべてみたのですが、こんな暴言をいったことが聖書のせんせいにバレたら右手と額に666と書かれゲヘナ(黄泉)への道を一直線となってしまいます。(ちなみにこれ読んで笑った君、オタクです。そしてこれ読んで「あ、黙示録(啓示の書)の13:17,18だ~」とおもったキミ!神学者かもしくは・・・マニアですね・・・

まぁ、今日はすこしマニアックな聖句を出してしまったのですが(反省)明日からはもうすこし身近に感じられる聖句を紹介+僕の日記を書いていきます。ヒマつぶしにたまにのぞいて、余裕があったらメールフォーム/コメントお願いします。

追記

もし個人的に祈りが必要な人、聖書による励ましを求める人等は是非気楽に声をかけてください。できる限りのサポートはしたいと思っています。

あと、もし『この聖句好き!』や『こんな風に聖句を解釈しちゃいました!』っていうのがあったらバンバン教えてください。できる限りここのブログでアップしていきたいと思ってます。

よろしくね

2005.09.23 | Biblical memo | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。